高校受験の地域差

昨今では、高校入試制度が変更になったり、変更の予定があったりするというニュースを多く耳にします。
その一例として、大阪府に於いて先ごろ決定した、学区の撤廃が挙げられます。

大阪府では、学区が撤廃されたことにより、府内在住の生徒が、府内にあるどの学校でも受験できるようになりました。
そういう風に、高校を受験する際に際して、志望校の選択肢が増えたのはアドバンテージと言えます。

ただし、一方で、それなりの周知がなされなければ、その利点を充分に活かすことはできません。
また、都市部の学校や、一部の人気校に志願者が集中することにより、学校による人気度の格差が広がるリスクが存在します。

また、公立の高校を受験する場合、入学者の選抜にあたって、内申点が重要視されるという点に気を配ることが大切です。
そして、内申点の採点方法は、地域によって異なるので、自らの在住するエリアでは、どういった方法が採用されているのかを知った上で対策を立て、実践することをおすすめします。

そのように、内申点アップのための対策を講じるにあたっては、採点が行なわれる時期や基準を知った上で、適切な方法で行なうことが大切です。
高校入試に於いて、内申点は、中三の二学期までに、定期試験や実力試験、提出物などによって採点されます。

当サイトでは、高校受験方式の地域差というテーマに沿って、関連情報をお届けします。
高校の受験を考えておられる方は、参考にしてみて下さい。



▽特選サイト
高校受験や中学受験の指導をしている進学塾、湘南ゼミナールのツイッターです → 湘南ゼミナール